創業
1928年

KUOMAとは

Kuomaは1928年創業、創始者のユホ・プットネンがクオミオコスキ村にある水車付き牧場を購入したことから始まりました。長年にわたりKuomaはミッドソールとアウトソール、ヒールカウンターとつま先のパフ、ペイントブラシのハンドル、エルボーパッドやモトクロスグローブなどのスポーツ用品、そしてもちろん靴とインソールを製造してきました。弊社の歴史はこちらよりご覧ください。

毎日の冒険に

何よりもまず、Kuomaは高品質の靴メーカーとして知られています。 なかでも有名な製品は、1989年以来フィンランドで人気のウィンターブーツであるPutkivarsi(プトゥキヴァルシ)ブーツです。2019年、Kuomaは新たな一歩を踏み出し、子供用アウトドアウェアで製品ラインを拡大しました。 靴のラインナップはこちら。キッズアウターはこちらよりご覧いただけます。

フィンランドが誇る専門技術

私たちはフィンランド人であることを誇りに思っており、フィンランドでの雇用創出を支援し、故郷のクオミオコスキとマンテュハルユの村を活性化したいと思っています。 Kuomaの靴は、フィンランドで生産された製品とサービスにのみ授与されるキーフラッグシンボルを授与されています。 Kuomaでは最高品質のみを生産することを信念に、靴は長持ちするように作られています。 私たちのブーツは、75の異なる製造ステップで製造されます。 製造プロセスの詳細については、こちらをご覧ください。

日常に基づくストーリー

Kuoma製品は、日常生活とあらゆる人生の冒険に沿うように設計されています。 Kuomaは他者の方法を真似するのではなく、自分たちにとって正しいと思うことをします。 お客様の人生の物語を始まりから終わりまでお供したい。どんな旅でも、冒険でも一緒に歩き続けます。

日常に
品質を